団体名

認定特定非営利活動法人VineTS(ビンタス)

認定法人番号(7010005031132)

目的

我々は、大学生の健全なキャリア育成を、当事者である大学生と支援者が協力して支援する非営利団体です。学生自身が支援を受けるだけでなく、後輩や友達につないでいくことで全ての学生のキャリア形成に寄与することを目的としています。

属性としては「マイノリティ層」として特に以下に注目しています。

高専出身の大学生

女子学生

地方出身学生

大学進学第一世代

親が高卒などで大学進学がはじめて

取り組む事業

大学生自身が自立したキャリアを積むため、以下の3つのスキルに着目し、
向上心と学習意欲のある学生を支援します。

  1. プログラミング
  2. 英語
  3. ビジネススキル

我々は以下のことに取り組みます。

  1. 世代を超えたコミュニティづくりへの啓蒙、啓発活動
  2. IT技術を駆使した情報発信活動
  3. 社会人や大学教授によるキャリア形成を考える機会の提供
  4. IT、外国語技術の取得に関する教育、助言、啓蒙、啓発、相談活動
  5. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

代表あいさつ

糸長 優磨
VineTS理事長
大分高専出身
横浜国立大学 理工学部 4年
大学進学第一世代


はじめまして。代表の糸長優磨と申します。
VineTSのイベントはすべて「属性がマイノリティほど得をする」という、いわゆる世の中のランキング付けと逆の仕掛けを必ず入れます。
自分がマイノリティ属性だと自覚し、乗り越えようとする学生を1人でも多く集めることで、参加している人々が分野を超えて切磋琢磨し、支え合えるコミュニティを作れると確信しています。
私自身、田舎出身で高専からの編入というマイノリティで育ってきました。そこから東京に来て色んな機会を経て良い方向に変われたと思っています。
外からの刺激を受けることで、今の自分に還元できることはたくさんあるので、外を見る・知る機会を地方に関係なく平等に作りたい。という思いからこの団体を設立しました

寄付はこちらから

賛同される方は、こちらにご寄付をお願いします。
夢LT会で優勝した学生の「夢に近づく一日」の実現経費や、ボランティアで活動に協力する学生の交通費などNPOとして透明性と公益性を保って使います。
MENU